住宅ローンと日本

住宅ローンは、明治時代に発足しました。
意外なことに、不動産会社が始めたサービスです。
このサービスを利用できるのは金持ちだけでしたが、時代が下っていくにつれ、給与所得者も利用しています。


戦後は、政府が主体となり、民間に代わって一般市民に融資を行っています。
民間企業も1980年台以降に融資を開始しましたが、バブル経済の崩壊などで不良債権がかさみ、日本経済に大打撃を与えました。
住宅ローンの歴史は、戦前は民間から、戦後は政府から始まったと言えます。


このローンは、借り手に大きな負担を強います。
2014年の時点で、35年ローンの借り入れが一般的です。
借入額を減らすか、月々の返済額を増やせば、この限りではありません。
住宅ローンの返済は、給与所得者にとっては大変な重荷です。
あらかじめ返済計画を立て、良く考えて返済しましょう。


このローンを選択される際は、頭金を用意しましょう。
戦前は、ローンを利用せず、貸家に住む方や、実家から借金をされる方がおられました。
現代においては、終身雇用制度や安定した経済の発展を前提としたローンの組み方をされる方もおられます。
しかし、ローンとは借金の事ですので、その額が膨らめば、後で大変な事になります。
十分気をつけましょう。


ローンの返済は、早めに行いましょう。
住宅の価値は、経年劣化しますので、住み替えは早めにしましょう。
住宅の補修には数百万円がかかりますので、ご注意下さい。
以下の記事にて、詳しい説明をご紹介いたします。

Copyright © 2014 住宅ローンの歴史 All Rights Reserved.